· 

夏の電車の旅

仕事先の人に誘われて清里に行ってきたのですが、一泊して、せっかくなので清里から、小海線で小諸、そこからしなの鉄道で軽井沢、軽井沢から碓氷峠越えのバスで横川、横川から高崎経由で千葉に帰ってきました。

 

軽井沢では、天皇と美智子さんの一行が駅に到着する瞬間に立ち会いました。初めてお会いしましたが、さすが祈りの仕事をしてきた方だなぁという感じです。

 

さて、写真を時間順とは逆に並べてみましょう。一緒に並べている言葉は、気分の言葉です。

 

遠ざかり

かげます

駅舎の光

 

18.8.22

幕張本郷駅

鉄橋は

影を

水だけに見せる

 

いつも都内に行く時通る橋です。

 

18.8.22

江戸川東小岩

きれいな青と緑の空と田です。

 

18.8.22

安中市磯部

過去のもろもろの形姿は 自然から

棄てられはしなかった、夏の盛りに

日々が色あせても、秋が大地にくだってくれば

畏懼を呼びおこす霊気がまた空にうまれてくる

 

ヘルダーリン「秋」

 

18.8.22

安中市磯部

横川駅に入線する信越本線の電車。

群馬県人にはおなじみの車両。

 

18.8.22

横川駅

峠の釜飯、おぎのやの売店もあります。

 

18.8.22

横川駅

ここが釜飯のおぎのやの本店。

釜飯二つを夕食用に買いました。

釜飯は重かった!

 

18.8.22

横川駅そば

県境の山脈をバスで走ります。

 

18.8.22

松井田町碓氷峠

遠くのぼこぼこした形の山は、妙義山でしょうか。

小学校の時、登ったことがあります。

 

18.8.22

松井田町碓氷峠

さて、続きはまた今度。