4つの自分

ある時、ある人に、

最近精神的に辛いんです、苦痛なんです、とSOSのメールを書いた時がありました。

すぐに返事がきて、

「その苦痛の下には、どんな感情があるんでしょうね?」

と書いてありました。

 

とてもさっぱりした返事で、

本当は、もっと高尚な慰めの言葉が欲しかった気がしましたが、

それだけに、妙に気になる言葉でした。

 

「苦痛の下には、何があるだろう?」

そう問いかけると、

「恐怖」があるようです。

では、「誰」が恐怖を感じてるのでしょう?

 

わたしは、

人間は、少なくとも「4つの自分」でできていると感じています。

 

身体、精神、子ども、意識です。

(何で4つの自分だと感じているかは、また改めて書こうと思います。)

さて、めいっぱいの恐怖を感じているとして、4つの自分の「誰」が感じているか、考えることにしました。そのやり方は、問いかけるというものです。

つまり、「恐怖を感じているのは、身体かな?」と実際、心の内に聞いてみるというやり方です。

 

すると、、、

 

「身体」は、たしかに恐怖を感じて、こわばったり痛かったりしますが、身体そのものが怖がっているというより、「ほかのだれか」によって恐怖をもたらされている感じです。

 

「精神」は、思考する専門家(つまり、いつも哲学者)で、やはり、「ほかのだれか」の感じる恐怖が大きすぎると、働きません。

 

「子ども」は、自分の中の子どもの部分です。「自分の中の子ども」については、色んな概念や、わたし自身の実感もあるのですが、とりあえず、自分の中の子どもっぽい部分ということにしておきましょう。

さて、その「自分の中の子ども」が、怖がってるのかな?と聞くと、

子どもは、こんなふうに言ってる気がしてきます。ゼンゼン!ぼくががんばって、色んなことしたり、耐えたりしてるんだよー?

 

そうか成る程。

では、怖がっているのは、、、

他ならぬ、色々な「自分の中の自分」に聞いてまわっている、他ならぬわたし自身、つまりこの意識だなー、という考えに達します。

 

意識は、いつもほかの誰かに聞く(尋ねる)ことができますが、自分自身には尋ねられないようです。そのかわり、意識には大きな特徴があると考えます。

 

意識は、外からの影響を最も受けやすいということです。

言葉を換えれば、

意識は、外からの影響を最も受けることができる、といえます。

 

意識は、外からの影響を受けて、恐怖に圧倒されています。

そのままだと、身体はこわばったり、お腹が痛くなります。

精神は、働きづらくなって、哲学者は休業です。

子どもだけは、ふんばって頑張ろう、内外のすべてを対処しようとしてくれますが、意識のサポートがないと辛いようです。

 

さて、そんなふうに考えましたので、

意識が外からの影響を最も受けるのならば、

その影響を受ける「元」を、選んで、絞ってしまおうと考えました。

 

意識は、

星・神・仏からの影響を受け取ろう。

 

と、意識することにしたのです。

そうして、その時は、危機をすりぬけることができました。

 

星・神・仏、というのは、その時に思いついた、影響を受け取ってよさそうな(笑)、わたしの意識にとっての「外」だったのです。